えみちゃん・がまちゃんとみんなの広場

外れたら戻る心地良さ(マインドフルネス体験)

2017.03.30(木)

3月11日の「日本マインドフルネス学会」にがまちゃんと一緒に出席しました。

今回の私の新しい気づきをシェアしたいと思います。

これまでも「マインドフルネス」は沢山経験してきましたが、特にセラピーにおいては

頭の中がいっぱいで落ち着いて自分の中が整理できない状態の時に、ゆっくりと呼吸に

注意を向けるだけでもからだが緩み、からだの感覚や思考や感情や忘れていたような記憶等

色々な気づきが出て来ることがあるのです。そして何かが出てきても、何も出てこなくても

そのまま気に留めず流れるままにしておくという事をしていました。

その後、お話しをお聴きすると、最初の悩みとは全く違う話しになったりすることもあり

「本当にその時必要なことが起こってくる」と、いつも感じていました。

「あるがままで良い」「自然にまかせておけば良い」と考えて来ていたのです。

 

今回のマインドフルネス体験では、「呼吸に注意を向け、ふと違うところに外れたと気づいたら

元に戻す」という私としては新しい意図を持って行ってみました。。

いつもは何か出て来ても、それはそれで気にせずに只、眺めているのですが、

今回は「呼吸から外れる→思考に気づく→呼吸に戻す」「外れる→気づく→戻す」を繰り返していた

ところ、気づいて戻るのがとても新鮮で心地良かったのです。

マインドフルネスも色んなやり方がありますし、外れるにも人によって色んなパターンがありますが

「いま、ここに、ただ静かに呼吸している私が居る」という所に戻るとても心地良い体験でした。

 

 

 

この記事を書いた人

えみちゃん
・何とか普通の人として生きたいと願いながらも、物心ついた時から何故か普通では無いと深く思い込んでいた話
・ずっと持ち運んで来た胎内記憶?の話
・それ故の長い長いストーリーから脱出する為に苦しい思いをして来たという話
(私自身もはっきりした自覚を持てなかったのですが、心が窮屈で不自由だったと気づいたと同時にしっかり自分を生きて来なかったと漸く気づきました)
・子育て奮闘記(息子が5歳の時に驚くほどの反抗に会い、その後試行錯誤しながら必死に関わってきた話)
・等々今に辿り着くまでの個人的な体験談も含め、胎児→乳児→幼児と成長して行く過程での母親始め周囲の大人達の関わり方・それ以前に大人が自分に気づくことの大切さの話
若い皆さんに少しでもお役にたてそうな、人として共通するからだ・こころ・魂の話等、今感じたり考えたりしている事を少しずつ載せていきますね。

カレンダー

2019年7月
« 10月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

過去の投稿

サイト内検索